こみみかわら版バックナンバー

七尾市観光ボランティアガイド はろうななお


現在24名の会員で、主に日本百名城の七尾城址や一本杉通りと花嫁のれん館等、
4つのコースを担当し、 観光バスツアーやグループのお客様を“おもてなし”の心で
ガイドしています。

「ありがとう」「良かったよ」の言葉が励みとなって、 七尾そして能登の観光の為に、
引き続き頑張っていきたいと考えております。   (会長 佐野藤博) 


七尾中学 男子バスケットボール部


僕達は部員総勢25名で、全中出場という目標を掲げ、日々の練習を頑張り、
8月に山口県で行われた全中に出場を果たしました。
惜しくも予選リーグを僅差で敗退、来年のリベンジに向けいっそう練習に
励む日々です。

先輩と後輩の上下関係はしっかりしつつも、年齢問わず皆仲が良く、
先輩にも後輩にも同期にも恵まれた部です。 (谷渡 聖)


東雲高校 演劇部


今年の県大会は自分達の意見をもとに脚本を書く事に初挑戦しました。
それぞれの考え方が違い、まとめるのにすごく苦悩しましたが、台本が
出来上がった時の喜びはとても大きかったです。
部員が少ないからこそ関係が密になり、アットホームな雰囲気です。
各自責任感を持って取り組み、日々稽古に励んでいます。(部長 大山 久翔)

顧問:中田先生、平沢先生

部長:大山 久翔さん


七尾中学校 女子バレー部


3年生を含め、部員21人で活動しています。部では「感謝、礼儀、返事、態度」
がモットーです。 練習は試合本番のつもりで、ボールが落ちるまで諦めず追いかけ、
少しでも今の自分を超えられるよう日々努力しています。
学校生活では、挨拶や身だしなみをしっかりし、部員は宿題を必ず提出する事を
心がけて、勉強も頑張っています。 (林 菜穂)


七尾民謡会

七尾市文化ホールにて行われ、秋田から内閣総理大臣賞に輝いた浅野江里子さんを
特別出演としてお迎えし、出演者が心を一つに熱い舞台を披露する事ができました。

民謡は「心のふるさと」とよくいわれますが、混沌とした世にあって「心のふるさと」を
耕し続けるのが私たちの役目と思い、これからも精進を重ねます (会長 寺口啓作)


能登香島中学校 野球部


小学校時代のライバルと一緒に、全国制覇を成し遂げる為に一つ一つのプレイに
こだわり、諦めない心を持ち取り組んでいます。
仲良しで笑顔が絶えないメンバーですが、練習では互いに指摘し合う厳しさを持ち、
常に切磋琢磨しています。
学校生活では野球部員として、全校生徒に模範を示す事ができる様に意識し行動
しています。

顧 問:水本 友晴 先生、羽土 純 先生

主 将:金場 廉太くん

副主将:柿島 太陽くん


演歌カラオケ教室


26年3月に会員4人でスタートし、現在は11名が岬ゆたか先生の指導を受けています。
「ものまねせず譜面どおりに、テンポに気を付けて、しっかり伸ばす」など細やかな
指導の元、3ケ月かけて1曲を徹底的に練習し、最終日には曲を収録します。
マスターした17曲は自分の宝物です。 仲間に会える練習日が待ち遠しいです。
                                (西村 光子)


七尾高校 美術部


私達は約20名で個性溢れる作品づくりに取り組んでいます。
個人制作が多いにも関わらず、部員同士とても仲が良く、互いの作品を批評し合い、
作品を良くする為切磋琢磨しています。
お陰で多忙な学生生活の中、石川県高等学校総合文化祭や能登地区美術展等の
様々な美術展で最優秀賞等の素晴らしい賞を獲ることができました。

顧 問:細川 麗子先生
部 長:山岸 千夏さん


高階蛍翔会(たかしなけいしょうかい)


工口静蓉月社中の舞台を観て感動したのがきっかけで、サークルを今年2月に
立ち上げました。 全員が初心者ですが、練習開始前に教え合いおさらいし、
先生に繰り返し教えて頂いたりしながら、1曲ずつ丁寧に仕上げています。
「体力保持・ボケ防止の為」等と冗談を言い合い楽しく練習しています。
雑談も大切なコミュニケーションです。

先  生:宮本 哲子さん
リーダー:西野 實枝子さん


中島中学校 吹奏楽部


部員20名で楽しく活動しています。
部員一人ひとりの性格がバラバラなので、音色も当然違いますが、
その色々な音や思いが皆の努力で一つになった時はやりがいを感じます。
吹奏楽部は人として成長できる場面が沢山あり、日々頑張っています。
人間関係を大切にし、思いと音を一つにしていきます。

部長:永坂 この実


七尾 S V C (ソフトバレーボールクラブ)


メンバーは14名で主力は50才~60才代です。
週3回、19時半から21時半まで小学校の体育館で練習しています。
毎年6回程、石川県の大会に出場し、上位入賞目指して頑張っています。
今年は北信越大会が七尾で開催される為、より気合を入れて練習しています。
興味のある方はお気軽に体育館へお寄り下さい。
一緒に汗を流しましょう !


七尾東雲高校 ビジネス研究部


私達は商業科目を深く学び、大会での上位入賞や検定資格取得を目指して部活動をしています。
29年度は高文連商業部競技大会で県内予選を突破し、全国簿記コンクールで全国大会に
橋本先輩が出場しました。 全国電卓競技大会では、2年生が団体で全国大会に出場する事が
出来ました。 努力して今年も全国大会出場を狙います!!

顧 問:藤原 麻美先生
部 長:高島 花月くん 


三味の音(しゃみのね)教室


藤本流の三味線で6才から75才までが集まり、和気あいあいと週2回お稽古をしています。
今年36年目の教室から18名の名取が育ちました。
まだら保存会や城山民謡会の皆さんと共演したり市民音楽祭などで発表しています。
現在5名の準師範がいますので、それぞれがお弟子さんを持って邦楽の輪を広めて
頂ければと思います。(師範 藤本 秀美由)

師範:藤本 秀美由さん (本名 久保 由美子さん)

お問い合わせはフォーラム七尾 (☎52-5222) まで  お気軽にどうぞ♪


田鶴浜高校 女子卓球部


専門高校なので関連行事が多く、限られた時間で濃い練習が出来るよういろんな
メニューを考えています。部員それぞれが目標、課題を持って日々取組んでいま
すが、看護や介護で身につけた観察力で相手を思いやることが自然にでき、小さ
な変化にも気付くので部員間のコミュニケーションが大変良く、強い信頼関係が
築けています。 (富永華菜)

顧 問:辻屋先生・金谷先生・大田先生
キャプテン:富永 華菜さん


七尾中学校 男子バレー部


13名の部員が田村コーチ指導のもと、高い意識、考えるバレー、を心がけ練習に
励んでいます。 目標は県体優勝、全中出場です ! 課題を一つ一つクリアして目標
を実現し、伝統を復活させたいと思います。 また部員は学習面、生活面も大切にし
ています。 キャプテンとして何をしなければならないか常に考えて、チームを盛り
上げたいと思っています。

顧 問:西 賢治先生
コーチ:多村 行利先生
キャプテン:野田 拓海さん


鹿西高校 染織部


私達は、能登上布を織っています。 中能登の伝統文化を受け継ぐ事の出来る部活は、
鹿西高染織部だけと思います。 今まで守ってきて下さった先輩方に感謝し、地域の
方とのコミュニケーションをもっと大切にしていきたいです。 部室の出入りには
必ず挨拶をしていますし、各自がきちんと自分の意見を持ち、想いを伝える人が
多いのが染織部の良い所です。  (部長 木下絵利香)

顧問:入口 正悟先生
部長:木下 絵利香さん


武奨館 吉村道場


極真空手が前身のフルコンタクト空手で、突きや蹴りが体に入ると痛いですが、その痛みを知ることで人に優しくでき、又、痛みを乗り越えることで精神力が養われます。 幼稚園児から大人まで男女30人の七尾道場から昨年は全日本チャンピオンも誕生し、皆一生懸命稽古に励んでいます。 礼儀礼節、素直さなど空手を通じて人格形成も目指しています。 (館長 吉村 裕)


七尾高校 陸上部


男女29名の部員で、昨年の新人大会で12名が入賞しました。今年のテーマは、みんなで笑顔で頑張ろう!です。 どんな成績でもそれが今の実力であり、結果でしかないのなら、涙を流すより常に前向きに笑顔で努力して行くことの方が大切です。 部員は自分に適正な種目を決めて入賞を目指します。それが自信となり、更なる励みとなるからです。  

キャプテン 竹中 雅士


七尾子ども劇場


七尾子ども劇場は子育て・親育ての会です♪「生の舞台芸術を観て心を動かす」活動と「たくさんの仲間と群れてあそぶ」活動があり、現在会員は幼児〜中高生〜大人まで約100名です。 子どもの(大人もか!?)居場所作りにパワーを注いでおり、やりたいコト、やってみたいコトが必ず実現できる不思議な場所です。 一緒に楽しみたい方、いつでも入会募集中です♪


なぎの浦 子ども太鼓


伝統芸能、文化に親しんでもらうと共に、町内の活性化のため、平成22年に結成して早いもので8年目を迎えました。 とにかく、元気で楽しい太鼓を目指しています。 子ども達が大人になったときに、この太鼓の響きを思い出して、また町が賑やかになってくれることを願っています。    西湊鬼楽太鼓 大杉